Rehab Cloud タブレット 利用規約

本個別規約は、株式会社Rehab for JAPAN(以下(「当社」といいます。)が、Rehab Cloudサービスの利用者(以下「会員等」といいます。)に対し、タブレット端末を貸与するサービス(以下「本サービス」といいます。)を提供するにあたり、当社と利用者の権利義務関係を定めることを目的とします。なお、本個別規約に定めのない事項および略称は、Rehab Cloudサービス全体に係る利用規約(以下「本利用規約」といいます。)に準じるものとします。

第1条(定義)

本個別規約において使用する以下の用語の意味は、以下のとおりです。

No.
本件タブレット端末 本サービスの対象となる当社所定のタブレット端末本体(電池パック含む)
付属品 本件タブレット端末の充電アダプタおよびその他の備品
貸与品 本件タブレット端末および付属品
紛失等 本件タブレット端末が紛失、盗難もしくは所有権侵害等の事由により物理的に会員等の管理下を離れること
キャリア 会員等回線および貸与品の提供元。詳細は、タブレットレンタルサービス重要事項説明書をご確認ください。
本サービス契約 本個別規約に基づき当社が提供するレンタルサービスに関する契約
毀損 本件タブレット端末が毀損すること(当社の指示または取扱説明書に記載の用法に従って使用したことにより本件タブレット端末が故障した場合および修理不能の場合を含む)
重要事項説明書 別途定める、タブレットレンタルサービス重要事項説明書

第2条 (キャリアの規約変更の場合の措置)

当社は、当社がキャリアから提供を受ける通信サービスに関して、キャリアの規約の内容に変更が生じた場合、会員等に事前に通知することなく本個別規約を変更することが出来るものとします。

第3条 (サービス提供エリア等について)

  1. 本サービスの通信区域は、重要事項説明書に定めるとおりです。
  2. ワイヤレスデータ通信は、接続されている端末機器が通信区域内に在圏する場合に限り行うことができます。但し、当該通信区域内であっても、屋内、地下駐車場、ビルの陰、トンネル、山間部等電波の伝わりにくい場所では、通信を行うことができない場合があります。
  3. 本件タブレット端末の利用可能エリアは、本件タブレット端末に係るキャリアの利用可能エリアに準じるものとし、詳細は重要事項説明書に定めるとおりです。

第4条(料金)

本サービスの料金(以下「本サービス料金」といいます。)および支払方法等については、重要事項説明書に定めるとおりです。

第5条(申込と承諾)

  1. 当社は、会員等が以下に定める各号の条件を満たした場合にのみ、本サービスの提供を開始するものとします。
  1. 会員等が法人である場合、日本国内において設立された法人であること
  2. 本サービスの申込に際して、当社に提出された本人確認書類に記載漏れ、誤記、虚偽または事実に反する記載がないこと
  3. 会員等が本サービスの利用において、本利用規約に現に違反しておらず、または違反するおそれがないと当社が判断したこと
  4. 重要事項説明書に基づく本人確認ができた会員等であること
  1. 当社は、前項に定める条件を満たしていないことが事後に判明または事後に条件を満たさなくなった申込について、本サービス提供の義務を免れるものとします。この場合、当社は、会員等から受領済みの本サービス料金の返還義務を一切負わないものとします。
  2. 当社は、前項の規定にかかわらず、通信の取扱上余裕がないときまたは当社の業務の遂行上支障があるときは、その申込の承諾を延期または拒否することがあります。

第6条(引渡し)

  1. 当社は、本サービス契約締結後、会員等の指定送付先に貸与品を送付することにより貸与品の引渡しを行うものとします。なお、貸与品の発送日および到着日の指定はできないものとします。
  2. 会員等は、本条第1項の引渡しを受けた場合、直ちに貸与品を検収し、貸与品に何らかの瑕疵を発見した場合、当該引渡しを受けた日(以下「引渡日」といいます)に当社が指定する連絡先に通知するものとします(以下「検収等」といいます。)。なお、会員等が引渡日において何らの通知もしなかった場合、引渡日において何らの瑕疵もなく、貸与品の引渡しが完了したものとします。
  3. 当社において当該貸与品に何らかの瑕疵があると認められた場合、速やかに会員等の指定送付先に代替の貸与品(以下「代替機」といいます。)を送付するものとし、会員等は、代替機が指定送付先に到着したときは、検収等を行うものとします。

第7条(返却)

貸与品の返却等については、重要事項説明書に定めるとおりです。

第8条(貸与品の取扱い)

  1. 会員等は、貸与品について、引渡日からレンタル期間内において、自己の費用と責任において、その取扱説明書に定める条件および当社の指示で貸与品を使用、保管する等、善良なる管理者の注意をもって取り扱うものとします。
  2. 貸与品にはすでに当社が設定したMDMアプリ(端末管理アプリ)がインストールされています。当社は、本サービスが適切に行われるよう、貸与品を遠隔操作(アプリのインストールおよびアンインストール等)することができます。
  3. 当社は、当社設定のMDMアプリ(以下「端末管理アプリ」といいます。)を削除すること、および会員等が当社設定以外の端末管理アプリをインストールすることを端末管理上禁止しております。当該禁止行為を行った結果、会員等に不利益および損害が発生しても当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 会員等は、貸与品について以下に定める取り扱いを行ってはなりません。
  1. 転貸、分解、解析または改造を行うこと
  2. 貸与品に添付された所有権、知的財産権その他の権利を明示する標識、調整済みの標識等の隠蔽、除去、汚損等(自然磨耗によるものを除く)をすること
  3. 質権、抵当権その他の権利を設定すること
  4. 貸与品に装着されているSIMカード(会員等を識別するための文字列情報等を記憶している記憶装置をいう)を取り外し、または他の端末等に装着すること
  5. 国外への持ち出しや輸出等を行うこと
  6. 前項に定める禁止行為
  7. その他、当社が指定した端末管理アプリのポリシーに違反する行為
  8. 利用中に初期化を行うこと
  1. 会員等は、貸与品の使用に必要な電力、消耗品等に係る消耗や故障等に対する補修費用を負担するものとします。この場合、貸与品に含まれる付属品は消耗品とみなします。
  2. 当社は、第三者による不正使用等による通信であっても、全て会員等によって行われたものとみなし、会員等がその費用を負担するものとします。
  3. 会員等は、理由の如何にかかわらず、貸与品に設定されている回線番号の変更はできないものとします。

第9条(毀損または紛失等)

  1. 会員等は、理由の如何にかかわらず貸与品に毀損または紛失等が生じたときは、直ちに当社に通知するものとします。なお、毀損または紛失等の場合、当社に通知した時点で重要事項説明書の別表に定める手数料が発生するものとし、紛失の場合発見に至ったとしても各種手数料の支払いは免れないものとします。
  2. 当社は、前項に定める各種手数料等の支払があることを条件として、代替機または修理済みの貸与品を指定送付先に宛てて送付するものとし、会員等は、これについて検収等を行い、引渡しを受けるものとします。この場合、当社は、代替機の機種、色、回線番号、使用の有無等が、毀損または紛失等した貸与品と同一であることおよび未使用端末であることを保証しません。
  3. 会員等は、貸与品に毀損が生じたときは本利用規約に定める処理をしたうえで、当社が指定する場所へ送付するものとします。また、当社は貸与品の返却に際し、会員等が本利用規約に定める処理を行わなかったことにより、会員等または第三者に生じた損害については、一切の責任を負わないものとします。
  4. 会員等は、貸与品に紛失等が生じたときは、当社が以下の対応を行うことを予め承諾するものとします。なお、当社は、位置情報の取得および初期化の成功を保証いたしません。
  1. 貸与品の端末位置情報の取得
  2. 貸与品にインストールされた端末管理アプリを通した貸与品の初期化
  3. 当社は、会員等が本条に定める各種手数料の支払いを遅滞し、相当の期間を定めて催告しても改善されない場合、本利用規約第20条を準用し、本サービスの一部もしくは全部の利用を停止、または解除することができるものとします。

第10条(機種変更)

  1. 会員等は、当社が指定した貸与品に限り、機種変更の申込をすることができるものとします。会員等は、理由の如何にかかわらず、機種変更の申込後のキャンセルはできないものとします。
  2. 当社は、機種変更におけるデータ移行等の新しい貸与品の利用開始に伴う過程で生じた不都合について一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、会員等が本条における各種手数料の支払いを遅滞し、相当の期間を定めて催告しても改善されない場合、本利用規約総則第20条を準用し、本サービスの一部もしくは全部の利用を停止、または解除することができるものとします。

第11条(貸与品の蓄積データ等の管理)

  1. 会員等は、貸与品および貸与品の内部情報等を第三者に無断で使用されないよう、会員等自身の責任において厳格に管理するものとします。
  2. 当社は、原因の如何にかかわらず(貸与品の紛失等もしくは毀損による場合、ならびに会員等の管理義務違反による場合を含む)、貸与品の内部情報の漏洩および不正利用について、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、理由の如何にかかわらず、貸与品のネットワーク暗証番号および契約プランが変更できるおそれのあるパスワード等を開示しないものとします。

以上

2023年4月1日施行

株式会社Rehab for JAPAN

Rehab Cloudは
現場の生産性を向上させながら、
ケアの質を高められる
「科学的介護ソフト」です

お急ぎの方はお電話より、お気軽にご連絡ください
平日|10:00〜19:00