自費リハビリとは|保険適用リハビリとの違い・効果・料金・注意点など徹底解説

コラム

介護スタッフの基礎知識

更新日:2024/01/12

通常のリハビリでは介護保険・医療保険のどちらかを利用して利用者負担1~3割でリハビリを行います。保険適用外の場合は「自費リハビリ」としてリハビリすることが可能です。ここでは、自費リハビリの内容や提供施設などについて解説しています。自費リハビリについて利用者から質問が来た場合に参考にしてください。  

自費リハビリって何?保険適用外のリハビリとは

自費リハビリとは、「保険適用外のリハビリ」のことです。基本的に、リハビリは医療保険や介護保険の適用のもとで行われ、日数や内容が決められています。

保険適用なので費用の自己負担が少ない代わりに、一定の期間でリハビリが終了します。

自費リハビリは保険適用外で自費になる一方で、日数をはじめとした制限がない状態でリハビリを受けられるのが大きな特徴です。

そのため、自分が納得がいくまでリハビリを受けることが可能です。

前提として、この記事では医療保険・介護保険の適用ではないリハビリのことを「自費リハビリ」として扱いながら解説をします。

自費リハビリと保険適用リハビリの違いとは

自費リハビリと保険適用のリハビリには、どのような違いがあるのでしょうか。ここではそれぞれの違いについて詳しく解説します。

保険適用リハビリについて

まず、保険適用のリハビリの種類についておさえておきましょう。保険適用のリハビリには、「介護保険」と「医療保険」の2種類があります。

それぞれの保険で提供されるリハビリや提供施設について、以下の表にまとめました。

 

介護保険

提供施設

介護施設のリハビリ 訪問リハビリ 訪問看護によるリハビリ
  • デイサービス
  • 通所リハビリ(デイケア)
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 病院・診療所
  • 介護老人保健施設
  • 介護医療院
  • 介護医療院
  • 訪問看護ステーション
 

医療保険

  訪問リハビリ 訪問看護によるリハビリ

名称

在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料 訪問看護基本療養費

提供施設

病院・診療所 訪問看護ステーション

 

自費リハビリについて

次に、自費リハビリについてご紹介します。

自費リハビリを提供している施設や内容などを以下の表にまとめました。

提供している施設

  • 医療機関
  • デイサービス
  • 民間施設
  • 訪問型サービス など

リハビリの内容

利用者の希望に沿った内容を実施

担当するリハビリ職

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

自費リハビリを受けられる施設はさまざまな種類があり、訪問型サービスも提供しています。また、医師の指示が必要な保険適用リハビリよりもリハビリ内容の自由度が高い傾向にあります。

自費リハビリを選ぶメリット

自費リハビリを選ぶのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここではメリットについて詳しく解説します。

自由度の高いリハビリプランを組める

まず、自費リハビリでは自由度の高いリハビリプランを組める点です。保険適用のリハビリでは、医師の指示のもとで行われるため、ある程度の制限があります。

一方で、自費リハビリは内容に制限がなく、本人が希望したリハビリを受けることが可能です。内容の自由度が高ければ、その分本人にとって満足度の高いリハビリを行えるでしょう。

専門家による質の高いリハビリサービスを選択できる

理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職による、質の高いサービスを受けられるのもメリットの1つです。リハビリ専門職と相談しながらリハビリを進めていくことで、自身が考えている目標の達成につながるでしょう。

また、保険適用でのリハビリはセラピストを指名できませんが、自費リハビリでは施設によっては指名が可能です。そのため、技術の高いセラピストに継続してリハビリをしてもらえる可能性もあります。

回数に制限や期限がない

自費リハビリに回数の制限や期限は設けられていません。保険適用のリハビリでは疾患によって期限が設けられており、基本的に最大で180日と決められています。

一方で、自費リハビリは保険によるサービスではないため、そのような制限がなく、納得がいくまでリハビリを受けられます。

自分の好きな時間帯や曜日、回数などを選びながらリハビリを進めることが可能です。このように、自費リハビリは保険適用のリハビリにはないメリットが多くあることがわかるでしょう。

自費リハビリの料金

自費リハビリの料金は全額自己負担なので、保険適用のリハビリよりも高めとなっています。料金の相場としては、1時間8,000〜10,000円あたりが目安です。

施設によって料金に差があったり、さまざまなプランを提供していたりすることもあるので、自費リハビリを探す際はよく確認しておきましょう。

自費リハビリを利用する際の注意点

自費リハビリを利用する際の注意点としては、以下の通りです。 

  • 料金が高額になりやすい

料金の項目で解説した通り、自費リハビリは高額になりやすい点に注意しましょう。

金銭的な負担を減らしながらリハビリを受けたい場合は、保険適用のリハビリを活用したほうが良いケースもあります。

  • 医療機関との連携が取りづらい

自費リハビリのなかには、医師の指示がない状態でリハビリを提供している場所もあります。

その場合、医療機関との連携が取りづらく、リスク管理を十分に整えられないままリハビリを行ってしまう可能性があります。

自費リハビリを検討している場合は、以前リハビリを受けていた医療機関から紹介状を書いてもらうことも1つの手段です。

  • 提供している機関が少ない

そもそも、自費リハビリを提供している機関が少ないというデメリットもあります。

都市部には自費リハビリのサービスは多い傾向にありますが、人口の少ない地方では提供している数が少ないことも珍しくありません。

そのため、自費リハビリを受けたくても近くにない、というケースもあるでしょう。

  • サービスを提供する事業所の情報が得にくい

全ての事業所のWebサイトの質が担保されているとは言い難いため、個別の情報を得にくいのがデメリットと言えます。

オンラインで利用できる保険外サービス「リハブスタジオ」

自宅でリハビリしたいと考えている方は、「リハブスタジオ」がおすすめです。

リハブスタジオとは、利用者にあわせたリハビリプログラムを自宅で受けられるオンライン支援サービスです。リハビリ専門職が利用者の目標や身体機能をアセスメントし、オリジナルのリハビリをご提案。

オンラインで直接一緒にリハビリのアドバイスを受けられるので、運動を楽しく続けることが可能です。利用者には、リハビリを受けるための専用タブレット端末を貸し出しています。

遠隔サポートもしているので、はじめて端末を操作する方でも安心して利用できます。

自宅からオンラインでリハビリ専門職による介護リハビリが受けられるリハブスタジオ

自費リハビリを活用するメリット・デメリットを把握しておこう

自費リハビリは、保険適用のリハビリと比較すると内容の自由度が高く、本人が納得するまでサービスを受けられるメリットがあります。

その一方で、保険適用外なので料金は全額負担である点や、自費リハビリを提供している機関が少ないというデメリットも存在します。

このような自費リハビリのメリット・デメリットを把握したうえで、どちらのリハビリを活用すべきかを検討することが大切です。

ぜひ今回の記事を参考にして、自費リハビリの特徴をおさえておきましょう。

Rehab Cloudに待望の「レセプト」が新登場

リハビリ・LIFE加算支援の決定版「リハプラン」と記録、請求業務がスムーズにつながり、今までにない、ほんとうの一元管理を実現します。

日々お仕事をするなかで、「介護ソフトと紙やExcelで同じ情報を何度も転記している」「介護ソフトの操作が難しく、業務が属人化している」「自立支援や科学的介護に取り組みたいが余裕がない」といったことはありませんか?

科学的介護ソフト「Rehab Cloud(リハブクラウド) 」』なら、そういった状況を変えることができます!

ぜひ、これまでの介護ソフトとの違いをご覧頂ければと思います。



リハブクラウドでは、デイサービスの方向けに無料のメールマガジンを配信しております。日々のお仕事に役立つ情報や研修会のお知らせなどを配信します。ぜひメルマガ購読フォームよりご登録ください。

この記事の著者

Rehab Cloud編集部   

記事内容については、理学療法士や作業療法士といった専門職や、デイサービスでの勤務経験がある管理職や機能訓練指導員など専門的な知識のあるメンバーが最終確認をして公開しております。

関連記事

他のテーマの記事をみる