ファンクショナルリーチテスト(FRT)

運営ノウハウ

評価

更新日:2021/12/16

ファンクショナルリーチテストは、Functional Reach Testと英語で書き、頭文字をとってFRTと現場では呼ばれます。簡単に説明をすると「バランスの検査」ということになります。

ファンクショナルリーチテスト(FRT)とは

ファンクショナルリーチテストは、Functional Reach Testと英語で書き、頭文字をとってFRTと現場では呼ばれます。簡単に説明をすると「バランスの検査」ということになります。

立った状態で、手を90°持ち上げ、その状態から体を前屈(厳密には、手を前に伸ばしていく)させていきます。

最初の状態を0㎝として、手を最大限伸ばした状態までの距離を計測します。

ファンクショナルリーチテストはバランス検査としてエビデンスが高い

ファンクショナルリーチテストは、日本理学療法士協会が推奨している検査であり、診療ガイドラインも「推奨グレードA」と指定されています。

デイサービスにおけるアセスメントの1つの項目として、信頼性・妥当性が高い検査となっています。ご利用者の身体機能評価の1つとして活用していくことが望ましいです。

Rehab Cloudに待望の「レセプト」が新登場

リハビリ・LIFE加算支援の決定版「リハプラン」と記録、請求業務がスムーズにつながり、今までにない、ほんとうの一元管理を実現します。

日々お仕事をするなかで、「介護ソフトと紙やExcelで同じ情報を何度も転記している」「介護ソフトの操作が難しく、業務が属人化している」「自立支援や科学的介護に取り組みたいが余裕がない」といったことはありませんか?

科学的介護ソフト「Rehab Cloud(リハブクラウド) 」』なら、そういった状況を変えることができます!

ぜひ、これまでの介護ソフトとの違いをご覧頂ければと思います。



リハブクラウドでは、デイサービスの方向けに無料のメールマガジンを配信しております。日々のお仕事に役立つ情報や研修会のお知らせなどを配信します。ぜひメルマガ購読フォームよりご登録ください。

この記事の著者

Rehab Cloud編集部   

記事内容については、理学療法士や作業療法士といった専門職や、デイサービスでの勤務経験がある管理職や機能訓練指導員など専門的な知識のあるメンバーが最終確認をして公開しております。

関連記事

他のテーマの記事をみる